資料請求
見学申込
ごあいさつ
沿革
◎開園:大正4年(1915年)
 目白幼稚園は和田実によって現在地(東京都豊島区目白)に開園され、今日まで、年令混合の遊びを中心にした誘導の保育を一貫して実践してきました。
 和田実はそれまで東京女子師範学校(お茶の水女子大学)で助教授として幼児教育の講座を担当。同時に附属幼稚園で実習を指導し、明治41年に自らの教育理念を「幼兒教育法」として出版しています。その後自分の理想を実践するために目白幼稚園を開園しました。
 また、よい教育をするには、よい先生が必要との考えのもとに、先生を育てる学校「目白幼稚園保姆養成所」を昭和5年に設立し、生涯、幼児教育の研究と実践を続け、我が国の幼児教育界に大きな貢献をしました。現在、養成所は東京教育専門学校として継承され、常に新しい時代への貢献を続けています。
創始者 和田実
園長ごあいさつ

 「幼児教育」は和田実が提唱した造語です。目白幼稚園の保育理念は和田実の提唱した「誘導による保育」です。幼児の保育にあたっては、「保育は指導ではなく誘導をもって本領とする」こと、「みだりに干渉するな、静かにこれを看護せよ」が基本となっています。
 目白幼稚園ではこどもを自由に遊ばせています。遊びを通して想像力を引き出し、才能を伸ばしていくのです。自由な遊びのなかで、丈夫な身体、自立、協調のこころを養っていきます。
 また、目白幼稚園では子どもが自分から遊べる良い環境を作ることを大切にしています。

園長門山睦
保育理念
「遊びの中から学ぶ保育」和田実理論の実践
 和田実の教育理念である、「遊び」を通じて子どもの個性・能力を引き出す「誘導」の保育をしています。最近、早期教育、詰め込み教育の反省から、遊びの重要性が言われていますが、当園では90年以上もこれを守っています。
保育目標
「健康な体づくり」そして「自主性」「社会性」「創造力」を養い情緒豊かに
まず健康な体をつくり、「自主性」「社会性」「創造力」を養い、情操豊かに「優しい心」と「協調性」を持ち、 「創造力」豊かな子どもになることを目標とします。

子育て支援
 ○保育後の預かり保育 詳細はこちら(PDF)
 ○プレイングルーム 3才からの子どもが対象 詳細はこちら(PDF)
 ○図書の無料貸出
 ○保護者対象のお料理教室
 
ALL Right Reserved, Copyright (c) WADA-MINORU GAKUEN